2016-04-08_16h29_32

モロッコでは治療薬としても使われているアルガンオイルは、抗酸化作用を持つビタミンEが豊富なスーパーオイル。スキンケアとして顔や体の肌に使うだけでなく、頭皮や髪の毛にも使える優しいオイルです。

日本で購入できるアルガンオイルのメーカー・ブランドとしては、メルヴィータやジョンマスター、生活の木などが有名どころですね。

アルガンオイルを使った頭皮クレンジングや頭皮マッサージも、乾燥やかゆみ、湿疹などの頭皮トラブルを改善できると評判です。

頭皮のかゆみもアルガンオイルで改善するのでは?と思って、アルガンオイルを頭皮に使ってみる人も多いようです。それでかゆみがなくなればラッキーなのですが、中には、アルガンオイルを使っても頭皮のかゆみが解消しないケースがあります。

アルガンオイルで頭皮のかゆみが治まらない理由

そもそも、何が原因で頭皮がかゆくなるのでしょうか。乾燥、炎症、雑菌の繁殖。これが頭皮のかゆみの三大要因です。

アルガンオイルは保湿効果が優れているので、頭皮はしっとりすることが多いです。頭皮がしっとりしてもかゆみがおさまらない理由の一つとして、乾燥は治まったとしても、炎症が治まっていなかったり、雑菌の繁殖していることが考えられます。

ただ頭皮が乾燥してかゆいだけの人なら、アルガンオイルを使うだけでかゆみが治まる可能性が高いです。しかし、頭皮に湿疹があったり、ニキビがあったり、赤くなって炎症を起こしているような場合は、アルガンオイル+抗炎症成分、殺菌成分が必要になります。

残念ながら、アルガンオイルだけでは炎症をケアしたり殺菌したりする効果が弱いのです。

アルガンオイルだけでは治まらない頭皮のかゆみを抑えるには

頭皮のかゆみに対する効果を期待するのなら、ラベンダーなどの炎症効果の高いオイル、ティーツリーなどの殺菌効果の高いオイルを追加する必要があります。

そんな自作コスメ作りなんてメンドクサイという人には、アルガンオイルに抗炎症・殺菌成分が入ったものも売られています。その名も「すこやか地肌」。

頭皮のかゆみに最適な「すこやか地肌」

抗菌成分としてわさびの成分、抗炎症成分としてサクラの葉の成分が入っています。鉱物油や香料などが無添加で赤ちゃんにも使えるようなナチュラルな成分でできているので、肌が弱い人や敏感肌の人も安心して使えます。