最近、雑誌やブログでよく紹介されているCA101薬用ブラックシャンプーというシャンプーを使ってみました。

CA101薬用ブラックシャンプーとは一体どんなシャンプーなのか、どんな成分が使われているのかなどを詳しく解説し、実際に使ってみて感じた感想を本音でレビューしたいと思います。

※CA101シャンプーについて詳しく知りたい人はこちらからどうぞ。
 ↓↓↓
CA101スカルプエッセンス ヘアケアセット
CA101 (シーエーイチマルイチ)公式サイト

CA101シャンプーの正体:一体どんなシャンプーなのか?

CA101 名前の由来に納得!

「CA101」ってなんか変な名前のシャンプーだな~と思ったのですが、実はちゃんと意味のある名前のようで。このシャンプーの開発者の田村マナさんという方が、国際線の客室乗務員(CA)をやっていたときに、「安心して使えてトラブルを解決できるモノを!」との思いで100人のCA仲間たちと協力して作られたそうです。

CAの田村さんと100人の仲間たちで作ったブランドだから「CA101」なんですね。妙に納得してしまいました。

国際線のCAさんと言えば、常に過酷な環境で働かなければいけない大変な職業です。機内は乾燥し、気圧も低く、さらに国際線勤務だと規則正しい生活もできず、昼夜問わず働く必要があります。そんな環境では、良いと言われる化粧品やシャンプーを使っても、肌が荒れたりトラブルを起こしてしまうのは当然なのかもしれません。

そんなストレスフルな環境で日々を過ごすCAさんが開発したシャンプーだから、トラブル頭皮への効果は期待できそうです。

CA101薬用ブラックシャンプーの成分

CA101薬用ブラックシャンプーの成分表示を見てみると、とてもたくさんの成分が配合されています。

有効成分グリチルリチン酸2Kに注目!

CA101薬用ブラックシャンプーの特徴としてあげられるのは、有効成分としてグルチルリチン酸ジカリウム(2K)が入っていることです。

グリチルリチン酸2Kは、いろいろな育毛剤やシャンプーに入っているので育毛効果がある成分だと思っている人もいるかもしれませんが、それはちょっと違います。グリチルリチン酸2Kは消炎作用(炎症をしずめる作用)を持つ成分です。頭皮の炎症をしずめて頭皮環境を整えることで育毛につながることは期待できますが、直接的に育毛効果があるわけではありません。育毛剤やシャンプーだけでなく、化粧品や石鹸、風邪薬、目薬、胃腸薬など、いろいろな製品に入っています。

グルチルリチン酸2Kはステロイドと同じようにとらえられることも多いのですが、ステロイドのような免疫抑制作用はなく、安心して使える成分です。頭皮にトラブルがあって、かゆみや抜け毛が発生している人にはぴったりの成分と言えるでしょう

洗浄成分は肌にやさしいアミノ酸系・ベタイン系+天然成分

CA101薬用ブラックシャンプーに配合されている主な洗浄成分は、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸Na、ヤシ油脂肪酸アシルグリシンTEA液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、アルキルカルボキシメチルヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液・・・。

横文字ばかりで難しいですね。いずれも、アミノ酸系・ベタイン系の低刺激で安全な洗浄成分です。ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムのような刺激のある成分は入っていません。

さらにこれらの洗浄剤に加え、薬用炭と海泥といった天然の洗浄成分も入っているため、毛穴汚れをスッキリと洗い上げることが期待できます。

これらの洗浄成分から、敏感肌、トラブル頭皮を持つ人に最適なシャンプーと言えるでしょう。

ノンシリコンの欠点を補う植物エキス&天然オイル

ノンシリコンシャンプーはどうしても洗い上がりの髪がキシキシしたりかさついたりする傾向があるのですが、CA101シャンプーはその欠点を補うために、植物エキスと天然オイルがふんだんに配合されています。その種類はなんと36種類。

これだけ多くの種類の植物エキス&オイルが入っていると、さまざまな効果が期待できるのですが、逆にアレルギー体質の人はちょっと心配になってしまうかもしれません。

必殺!プロテアーゼ

CA101薬用ブラックシャンプーの大きな特徴として、プロテアーゼが配合されていることが挙げられます。プロテアーゼはタンパク質分解酵素の一種で、古い角質を落として肌の生まれ変わりサイクルう整えるはたらきがあります。シャンプーよりも洗顔料に配合されていることが多い成分です。

CA101ヘアトリートメントの成分

こちらはCA101シャンプーとセットで購入できるトリートメントの成分です。

シャンプーと同様、多くの植物エキスが入っています。

注目すべきは、加水分解コラーゲン、加水分解シルク、加水分解ケラチンが配合されていることです。これらの成分は髪の乾燥を防いで保護し、髪にハリ・コシを与えるはたらきがあります。髪のダメージが気になる人に最適な成分です。

界面活性剤としてはやや強力なステアルトリモニウムブロミドが配合されています。シャンプー・トリートメントで頭皮トラブルが起きがちな人は、なるべく地肌につかないように気を付けて使うのが良いでしょう。

CA101シャンプー&トリートメントを使ってみた感想

CA101シャンプーはトリートメントとセット購入になりますが、黒いボトルの方がシャンプーです。なぜ黒いのかというと、シャンプーの色が黒いからです。炭が入っていますからね。

キャップは片手でもポンと開けられる形状です。日常的に使うにはポンプ式のほうが使いやすいですが、このような形状だと旅行などのお出かけにも持参しやすくていいですね。

シャンプーを手に出してみたら、想像以上にさらっとしていて、すぐにこぼれおちてしまいます。

シャンプーとトリートメントの両方を器に出してみると、こんな感じ。黒くサラサラとしたシャンプーとは対照的に、トリートメントは白くコッテリした感触です。

このCA101薬用ブラックシャンプーとトリートメントを使って、実際に髪を洗ってみました。

シャンプーの泡立ちは控え目ですが、指の腹でしっかりこすればちゃんと洗えます。洗い上がりは炭の効果かサッパリしますが、きしんだりごわごわすることはありませんでした。コッテリとしたトリートメントはしっかり洗い流すと、しっとり指通りも抜群でした。

シャンプー、トリートメントとも香りは強すぎず気持ちよいハーブ系。きついシャンプーの香りが苦手な私にはちょうど良い具合でした。

洗髪後はドライヤーで乾かすと、髪がとてもふわっとサラサラになりました。このふわふわ感はくせになります。うねりがある髪質の人や、ペタンとした髪に悩む人にもよさそうです。見た目もつやつやして、心なしか髪がレベルアップしたような気になりました

CA101シャンプー&トリートメントが向いている人

どちらかというと「育毛」というイメージで販売されているCA101ですが、薄毛が気になる人だけでなく、もっと幅広く髪質に悩む人全般に向いているシャンプー・トリートメントだと思います。

くせ毛でまとまりが悪いとか、髪がすぐペタンコになってしまうとか、なんとなく髪が元気がない感じがするとか、そういう人は試してみて損はないシャンプーだと思います。また、女性っぽいイメージのシャンプーですが、男性が使っても全然OKです(旦那さんにすすめてみてもいいかも?)。

植物成分がたくさん入っているので、何かの成分にアレルギー反応を起こしたりかぶれたりしないか心配という人のもいるかもしれません。そんな人たちのために、30日間返金保証制度がついています。

もし使ってみて肌にあわなければ、全額購入代金を返金してもらうことができるので、気軽にお試しすることができます。