a0002_008272

昼間はなんとか耐えられるかゆみでも、夜中になるとかゆみが強くなって、寝ている間にガリガリとかきむしってしまう。

朝起きたら枕にフケやはがれたかさぶたが落ちていて、「あー・・・」って朝から憂鬱な気分に・・・。

そんな経験している人も多いのではないでしょうか。

アトピー性皮膚炎や喘息でも、昼間よりも夜中の方が症状が強く出る傾向があります。

なぜ、そのようなことが起こるのでしょうか?

夜中にかゆみが強くなる原因

原因の一つとして、ステロイドホルモンの分泌量の変動が考えられます。

ステロイドホルモンは、副腎皮質から分泌されるホルモンで、炎症やかゆみを抑えてくれる働きがあります。このホルモンの分泌量には日内変動があり、朝から昼にかけた高くなり、夕方から徐々に探り、真夜中にもっとも低くなるという特徴があります。

炎症の程度がひどければ昼も夜もずっとかゆみを感じ続けますが、炎症の程度がある程度落ち着いてくると、昼は大丈夫でも夜寝ている間にだけかゆみが発生するという状態になります。

「昼間はかゆくないのに夜中だけかゆい」というのは、良い意味でとらえれば炎症が治まってきている証拠だと言えるでしょう。とはいっても、夜中のかゆみのせいで、ぐっすり眠れないのは、経験した当人にしかわからないつらさがあります。

夜中の頭皮のかゆみを少しでも抑える方法

病院にいってステロイドの塗り薬を処方してもらうという方法もありますが、なるべくなら副作用のあるステロイド剤は使いたくないものです。

頭皮のかゆみを抑えるには、頭皮の炎症を落ち着かせる頭皮ケアをしっかり行うことが大切です。アトピー性皮膚炎の人が、お風呂上りに保湿クリームを塗ってお肌のケアするのと同様、頭皮にもそういったケアが必要です。

保湿・殺菌作用のある頭皮のかゆみ用美容液を使えば、簡単に頭皮ケアを行うことができます。

頭皮のかゆみ用美容液「すこやか地肌」

この頭皮ケアは、頭皮が良い状態に回復するまで、毎日続ける必要があります。風呂上りに頭皮に塗るだけなので簡単です。